オルソケラトロジーガイドライン改正(第2版)発効のお知らせ

 オルソケラトロジーを有効かつ安全に行うには、正しい処方と使用方法の遵守がきわめて重要であることから、2009年4月、日本コンタクトレンズ学会オルソケラトロジーガイドライン委員会によりオルソケラトロジーガイドラインが策定されていましたが、初版作成後の7年間における市販後調査結果を踏まえた見直しが行われ、2017年12月に第2版が発効されました。

【ガイドライン第2版の主な改正点】

●適応年齢

処方年齢が“20歳以上“から“原則20歳以上、未成年者に対しては慎重処方”に変更

●インフォームド・アセント

未成年者への処方においては、装用者本人からのインフォームド・アセントを得るとともに、保護者からのインフォームド・コンセントを得ることが必要

●ポピドンヨード剤の推奨

界面活性剤によるこすり洗いに加え、ポピドンヨード剤による消毒の推奨

URL:http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/orthokeratology_2edition.jsp (出典:日本眼科学会)  

※オルソケラトロジーガイドライン第2版(PDF)

お問い合わせ

オルソケラトロジーレンズについてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 03-5211-1560(平日9:00~18:00)

WEBからのお問い合わせ