一般の皆様へ 手術不要の視力矯正、オルソケラトロジーレンズのご紹介

 
 
 
 
 

手術不要で裸眼生活が手に入る、オルソケラトロジーレンズ

オルソケラトロジーレンズとは、専用のコンタクトレンズを就寝時に装用することで、角膜の形状を矯正させ、日中は「裸眼」で生活できる、手術のいらない視力矯正用のコンタクトレンズです。

オルソケラトロジーレンズの歴史は古く、現在ではアメリカをはじめ世界各国で治療が行われています。メガネ、コンタクトレンズ、レーシックに続く視力矯正治療として注目されています。

オルソケラトロジーレンズの特徴
  • メガネ・コンタクト・手術でもない視力矯正用コンタクトレンズ
  • 日中は裸眼生活。花粉症用の目薬も使用可能

オルソケラトロジーレンズの使用イメージ

その他の視力矯正との違い

一般的なコンタクトレンズとの違い

ナイトレンズと通常のコンタクトレンズの違い

オルソケラトロジーレンズを寝ている間に装用することで、角膜の形状が矯正され、翌朝起きた時にレンズを外しても角膜形状が維持されている間は、裸眼で過ごすことができるようになります。

レーシックとの違い

ナイトレンズとレーシックの違い

レーシックは角膜を削る手術ですが、オルソケラトロジーレンズは専用レンズを装用して角膜の形状を矯正します。そのため、オルソケラトロジーレンズの場合は、レンズの装用を中止すれば、角膜を元の状態に戻すことができます。

オルソケラトロジー治療をはじめるには

オルソケラトロジーレンズを装用する上で、まずはオルソケラトロジー治療が可能かどうか、眼科専門医による適正検査を受けてください。

その後適正であれば、オルソケラトロジーレンズが処方され、右のような検査スケジュールで定期的に眼とレンズの状態を調べます。

一般的な検査スケジュール

  1. 適正検査
  2. 装用開始日
  3. 装用開始翌日
  4. 装用開始1週後
  5. 装用開始2週後
  6. 装用開始1か月後
  7. 装用開始3か月後
  8. 以後3か月毎又は、眼科専門医の指定した定期検査日

※検査スケジュールは、各眼科専門医により決定されます。

オルソケラトロジー治療の費用

オルソケラトロジー治療の費用は、レンズ代及び各種の検査を含んだ料金となります。 費用は各眼科によって異なりますので、詳しくは治療を受ける眼科へ直接お問い合わせ下さい。

医療費控除

オルソケラトロジーレンズの治療に係る費用は医療費控除の対象となります。くわしくは、こちらをご覧ください。