医療関係の皆様へ オルソケラトロジーコンタクトレンズ(ナイトレンズ)導入のご紹介

ブレスオーコレクトのよくあるご質問

ブレスオーコレクトはどういう人に向いていますか?

ブレスオーコレクトは、日中裸眼で生活したいが外科的手術には抵抗がある方、スポーツなど体を動かすことが好きな方などに向いています。

効果があるのは近視のみですか?

ブレスオーコレクトによる矯正効果の中心は近視ですが、近視の半分程度の乱視であれば、矯正する事が出来ます。しかし残念ながら遠視には効果はありません。

効果はどのくらいで表れるのですか?

個人差はありますが、安定した裸眼視力を持続するには約1週間ほど就寝時装用を続けていただくことになります。

人によって効果の現れ方は違うのですか?

睡眠時間が十分にとれない方などは効果的な裸眼視力が出るまでに日数がかかる事があります。また、装用の仕方によって効果に大きく差が出る場合がありますので、適切な装用方法を十分にご説明お願いします。

装用時間は長い方がいいのですか?

1日5時間ほど装用すれば効果があらわれますが、装用時間が長いほど裸眼視力が向上する、という訳ではありません。

効果が出ないこともあるのですか?

残念ながら効果が表れない方もいらっしゃいますが、フィッティングマスターを使用すれば矯正可能確率が表示されるため、効果が出ない可能性のある方への処方を避けることができます。

毎日装用しなければいけないのですか?

基本的には毎日装用していただきますが、近視度数が軽い方の中には、1週間に2~3(2~3日に1回)の装用で数日間の矯正効果が得られる方もいらっしゃいます。

レンズの装用を中止した場合どうなりますか?

使用期間によって多少の違いがありますが、レンズの装用を中止してから約1カ月程度で角膜の形状は元に戻ります。角膜が元の形状に戻った後は他の矯正方法へ変更できます。

車の運転は出来るのですか?

視力が安定するまでには個人差がありますので、車・バイク等の運転をされる方は視力が安定するまで車の運転は控えるよう説明してください。特に、暗い場所では瞳孔径が大きくなりますのでハロー・グレアなどが感じやすくなることがあります。

日中の装用は大丈夫ですか?

ブレスオーコレクトは就寝時装用で承認されているため、日中の装用は避け、見えづらい場合はメガネかソフトコンタクトレンズで対応するようにしてください。

痛みや異物感はありますか?

一般的なハードコンタクトレンズ同様、慣れるまでには個人差がありますが、徐々に痛みや異物感が少なくなっていきます。

多少の痛みや異物感はガマンした方がいいのですか?

レンズと角膜の間に空気が入った時や左右のレンズを入れ間違えた時などに違和感を感じることが多いようです。装用後に違和感を感じたら、必ずレンズをはずして、もう一度レンズを装着し直してください。それでも違和感がある時は、装用を中止して眼科を受診するよう指導してください。また、レンズの装用に慣れるまでは、痛みや異物感を感じることがありますが、痛みや異物感がひどくなったり、ずっと続くようでしたら、早めに眼科を受診するよう指導してください。

レンズの寿命はどのくらいですか?

一般的なハードコンタクトレンズと同等ですが、レンズの取扱い方により耐用年数に個人差がございますので、眼科医の判断によって交換してください。

ドライアイでも大丈夫ですか?

夜寝ているときに装用しますので、涙の少ない方や眼の乾きやすい方は直接医師にご相談いただくか、眼科の適応検査を受診してください。但し、重度のドライアイ及び涙器疾患をお持ちの方は、ブレスオーコレクトはお使いいただけません。

ブレスオーコレクトを使用して起こる合併症はありますか?

使い方を守らなかったり、レンズケアを怠ると、一般のハードコンタクトレンズと同等のトラブルが起こる可能性があります。トラブルを未然に防ぐため、定期検査は必ず受診するよう指導してください。

費用はどれくらいかかるのですか?

ブレスオーコレクトに関わる費用は、すべて保険適用外となります。費用は各眼科により異なりますので、レンズ代、検査費等に関しては、各眼科に直接お問い合わせください。

レンズの保証(処方・破損交換)についてはどうなっていますか?

レンズ保証(処方・破損交換)については、弊社までお問い合わせください。

治療中の運転免許の扱いはどうなっていますか?

警察庁交通局運転免許課より、角膜矯正コンタクトレンズ治療を行っている者に対して以下の通達がされています。それによれば、治療中の運転免許は「眼鏡等」の条件付きになります。患者さんには、同意説明時等の際に説明して下さい。

  • 運転免許取得、更新時の視力検査に裸眼で合格していても、運転免許証の『免許の条件等』には『眼鏡等』と記載されます。
  • 視力検査時には、検査担当者に角膜矯正用コンタクトレンズを使用している旨を申告しなければなりません。
  • 『眼鏡等』の記載をなくすためには、角膜矯正コンタクトレンズ治療を完全に中止した上で、裸眼で視力検査に合格する必要があります。
  • 角膜矯正コンタクトレンズ治療中でも、基準以上の視力が確保されている場合においては、免許の条件違反にはなりません。
ブレスオーコレクトと他のメーカーでは、どこが違いますか?

レンズは日本人の角膜形状に合わせた当社独自の設計となっております。また、東レ社製の素材を使用しており、酸素透過性が高く、割れにくい素材となっております。

コンタクトレンズ装用中の人でもブレスオーコレクトを使用する事は可能ですか?

コンタクトレンズ装用中はレンズの種類によって角膜の形が変わっている可能性があります。そのため目安として、ソフトコンタクトレンズは3~1週間、ハードコンタクトレンズは3週間~1ヶ月はずし、角膜が元の形状に戻ってから検査を行ってください。

レーシックを受けた人でもブレスオーコレクトを使用する事は可能ですか?

レーシック後の治療の有効性、安全性が確立していないため、処方はお勧めしておりません。

レンズのケア用品は、通常のコンタクトレンズの物とは違うのですか?

ブレスオーコレクトは、通常のコンタクトレンズとは全く違う角膜矯正用のレンズですので、ケア用品は適合品の中から使用するよう指導してください。

お問い合わせ

オルソケラトロジーレンズについてお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 03-5211-1560(平日9:00~18:00)

WEBからのお問い合わせ